FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

Tiled Map Editorを使ってみる

2Dゲームを作るのにとても便利なツールがあるらしいので使ってみる!

Tiled Map Editor
↑こちらがそのツール
フリーソフトだけど寄付も受け付けているようですね。

このツールで2Dゲームの地形等を簡単に作れるということなのですが、その地形を作るのに必要な素材も既に誰かが作ったものを利用できるんですね。
こんな感じ配布されてます。
この素材のことをタイルセットと呼び、タイルセットというのはタイルの集まりです。
言葉で説明するより見たほうが分かりやすいと思いますので画像を

water.png   leaf.png   Earth.png 

余白の関係でガタガタに表示されていますがお気になさらず。
せっかくなので自作してみました、タイルセットです!センスが感じられます。

この画像1枚がタイルセットであり、画像内に区切られて(区切り線はありませんが)表示されているのがタイルです。
タイルセットからタイルを切り出す作業はTiled Map Editor側でタイルセットを読み込む時にやってくれますので
こちらでは意識しなくてOKです。

タイルセットを作るときにはピクセル数だけを注意しておけばいいかと思います。
Editorで読み込む時に1タイルのサイズを指定できますので、それに合わせて作成する必要があります。
上のタイルセットは1タイル32*32ピクセルで作りました。


いざ、Map Edit

早速先程のタイルセットを使って、マップをエディットしてみます。

Editorを起動して左上にある「新しいファイル」アイコン、またはメニューバーの「ファイル」→「新しいファイル」から新しいファイルを作成。
作成時に設定項目が出てきます。ここのタイルの大きさをタイルセットに合わせておきましょう。
デフォルトでは32*32に設定されているはずです。

ファイルの作成ができたらタイルセットを読み込みます。
メニューバーの「マップ」→「新しいタイルセット」、または画面右下にある「新しいタイルセット」アイコンから読み込めます。

mapedit01.jpg 

読み込み時にはタイルの幅、高さをタイルセットと同じ値に設定しておきましょう。デフォルトでは32*32です。
上下とタイル間の余白は0にしておきます。
「参照」ボタンを押してタイルセットを参照して読み込み完了です。
複数のタイルセットを読み込む場合にも同じようにすれば大丈夫です。

mapedit02.jpg 

上記画像で赤枠表示してある部分でタイルセットを切り替えることができます。
あとはタイルを選択して、ペタペタと貼っていくだけ!
タイルを選択するときにドラッグして複数のタイルを選択すると、一気に貼り付けることができます。


タイルセットは透過画像を含みますので、別レイヤーに貼り付けることで重ねて表示することができます。
メニューバーの「レイヤー」→「タイル・レイヤーの追加」、または画面右側中程のアイコンから「タイル・レイヤーの追加」
でレイヤーを追加して、透過素材を上のレイヤーに貼り付ければOKです。

mapedit03.jpg 


ペタペタペタペタペタ・・・



mapedit04.jpg 

わりとそれっぽくできたかな?
とりあえず地形だけを作成してみましたが、プログラムに関連付けたものも作成できるようです。
それはまた次回ということで~。

ありがとうございました ではまた















スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。